クラTならセリエA ユニフォーム

ユニフォームブーストについて お問い合わせ
商品カテゴリから選ぶ
キーワードを入力

CART

合計数量:0

商品金額:0円(税込)

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

セリエA

伝統ある名門クラブが集うセリエA

イタリアサッカーリーグ・セリエAは、伝統ある名門クラブが集うことで知られる人気リーグ。堅牢な守備と高度な守備戦術を軸とした試合展開は、世界中のサッカー玄人をうならせます。近年は次代を担う若手が次々と誕生し、90年代に栄華を極めたイタリアリーグ黄金期の再来を予感させます。伝統あるユニフォームのデザインも人気が高く、日本国内のファンもこぞって購入する人気アイテムです。

おなじみのストライプデザインが人気

セリエAの人気クラブでは、ストライプ柄のユニフォームデザインを採用。チームカラーにあわせた愛称も有名で、ユベントスはビアンコネロ(イタリア語で白と黒)、ミランはロッソネロ(イタリア語で赤と黒)など、ファンの間では深い愛着と親しみを込めて呼ばれています。

丈夫な素材は使い勝手が抜群

ユニフォームブーストで扱う商品には、素材に100%のポリエステルを使用。吸汗性や速乾性に優れており、普段着にはもちろん、実際にサッカーをプレイする方にもおすすめのアイテムです。チームメイトや仲間と一緒に、セリエAの人気ユニフォームに袖を通してみましょう!

[ac9181]19-20 ユヴェントス ホームモデル

通常価格 4,200
1,900(税込)
  • NEW
ホワイト×ブラックのツートンカラーの配色!センターにはピンクラインがあしらわれたデザイン!

[ac9168]18-19 ユヴェントス アウェイモデル

通常価格 4,200
1,900(税込)
  • 残りわずか
イエローの差し色が映えるモダンでスタイリッシュなデザイン!

[ac9155]18-19 ユヴェントス ホームモデル

通常価格 4,200
1,900(税込)
  • 残りわずか
3本のストライプがモダンな雰囲気を醸し出すデザイン!

[so0048]18-19 ユヴェントス アウェイモデル

通常価格 2,980
1,500(税込)
【プチプラ】シンプルなデザインが魅力のユヴェントスアウェイ・プチプラモデル!

[ac9116]16-17 ユベントス ホームモデル

通常価格 4,200
1,900(税込)
  • 残りわずか
人気のユベントス!16-17年ホームモデルが登場!胸元エンブレム入り!

[ac9170]18-19 ACミラン アウェイモデル

通常価格 4,200
1,900(税込)
  • 残りわずか
ホワイトをベースにブラックのライングラフィックデザイン!

[ac9164]18-19 ACミラン ホームモデル

通常価格 4,200
1,900(税込)
  • 残りわずか
ポロシャツスタイルに細めのストライプがクラシックなデザイン!

[ac9151]17-18 ACミラン アウェイモデル

通常価格 4,200
1,900(税込)
  • 残りわずか
矢印の様なグラフィックが斬新なアシンメトリーデザイン!

[ac9142]17-18 ACミラン ホームモデル

通常価格 4,200
1,900(税込)
  • 残りわずか
赤と黒のストライプと言ったらACミラン!17-18シーズンモデル登場!

[ac9160]18-19 インテルミラノ ホームモデル

通常価格 4,200
1,900(税込)
  • 残りわずか
7本のシンプルな青黒ストライプが王道デザイン!

[so0044]18-19 インテルミラノ プチプラモデル

通常価格 2,980
1,500(税込)
【プチプラ】定番ストライプカラー・インテルミラノのプチプラモデルが登場!

クラスTシャツ、迷ったらこれ!ハイセンスなセリエAユニフォーム

クラスTシャツ、迷ったらこれ!ハイセンスなセリエAユニフォーム

クラスTシャツのデザインに迷っているなら、名門クラブが集うセリエAのユニフォームがおすすめ。
歴史を感じさせる格式高さと、イタリアらしいおしゃれさが組み合わさったハイセンスなデザインが特徴です。

伝統の「カテナチオ」を誇るセリエA

伝統の守備「カテナチオ」で世界トップリーグに数えられるイタリア・セリエA。まずは人気リーグセリエAの歴史や人気クラブ、ユニフォームの特徴などをみていきましょう。

1898年創立の名門リーグ

1898年、イタリアのプロサッカーリーグとしてスタートしたセリエA。 古くから堅牢な守備を特徴としたチームが多く、イタリア語で閂(かんぬき)を意味する「カテナチオ」の愛称は、イタリアサッカーを形容する言葉として浸透。
まるで閂(かんぬき)のように固くゴールに蓋をするような戦いぶりから、この名前がつけられました。
その名声は国内にとどまらず、プレミアリーグ(イングランド)、リーガエスパニョーラ(スペイン)、ブンデスリーガ(ドイツ)と並び欧州4大リーグの1つに数えられます。
サッカー玄人をうならせるハイレベルな戦いは、世界のサッカーファンから絶大な人気を集めています。

堅牢な守備を打ち破るファンタジスタの宝庫

堅牢な守備を打ち破るファンタジスタの宝庫

堅牢な守備が特徴のセリエAですが、歴史を彩るスタープレイヤーには華麗なパスやシュートでファンを魅了する「ファンタジスタ」が多く在籍してきました。
元イタリア代表のロベルト・バッジョやデル・ピエロ、元フランス代表のミシェル・プラティニやジダンなど名立たるプレイヤーが名を連ねます。
強固な守備を打ち破るイマジネーション溢れるプレーが多くのファンの心を掴み、いまも人々の記憶に色濃く残り続けています。

ビッグ3を中心に多彩な顔触れがそろう

セリアAの名門クラブといえば、ユベントス、ACミラン、インテルの「ビッグ3」が真っ先にあげられます。
近年は2011-12シーズンから2016-17シーズンまで6年連続優勝を続けるユベントスが不動の地位を保ち、黄金時代を形成。
ミラノを本拠地とするACミランとインテルは、財政上の問題も影響しここ数年はかつての輝きを失っていますが、 王者返り咲きを虎視眈々と狙っています。
その他にも攻撃的なサッカーを披露するナポリや、南部の名門ASローマとラツィオ、復活の兆しが見えるフィオレンティーナなど個性豊かなクラブが鎬(しのぎ)を削ります。

多くの日本人プレイヤーもセリエAで活躍

世界の名門リーグとして名高いセリエAには、日本人プレイヤーも多く在籍してきました。
日本人としてはじめてセリエAでプレーしたのが「キング・カズ」こと三浦知良。日本人のイタリアリーグへの道を開いたパイオニアです。
鮮烈な活躍で一躍その名を世界にとどろかせたのが中田英寿。名門ローマでの活躍はいまでもサッカーファンの間で語り草です。
中村俊輔や小笠原満男、柳沢敦など、日本代表として活躍したプレイヤー達もイタリアでのプレー経験があります。
近年ではミランに在籍した本田圭佑や、インテルでの活躍も記憶に新しい長友佑都など、日本人プレイヤーの存在感は年々高まっています。

シンプルなストライプデザインが特徴

セリエAのユニフォームデザインには、シンプルなストライプ柄が多く見られます。
ビッグ3と呼ばれるユベントス、ACミラン、インテルはそれぞれクラブカラーをあしらったストライプデザインを採用。
ストライプ柄は見た目のおしゃれさはもちろん、しっかりと個性も主張できるのでオリジナルのクラスTシャツにはぴったり。イタリアらしい細部までこだわったデザインが、クラスメイトも満足のおしゃれポイントです。

新たな黄金時代を歩む「ユベントス」

新たな黄金時代を歩む「ユベントス」

セリエAの顔として長く王者の地位に君臨する「ユベントス」。
その歴史は、つねに勝利とともに彩られてきました。
近年も2016-17シーズンまで6年連続リーグ優勝を飾るなど、常勝クラブとして新たな黄金期を歩み続けています。

セリエA歴代最多33度の優勝

ユベントスが誕生したのは1897年。
1898年に創立されたセリエAには初年度から参戦し、歴代最多となる33度のリーグ優勝を果たしています。2位のACミランとインテルの優勝回数18回と比較すると、ユベントスの圧倒的な強さが伺い知れます。
名門クラブにはこれまでも多くのスター選手が在籍。
セリエAを代表するスタープレイヤーとして紹介したミシェル・プラティニ、ロベルト・バッジョ、ジダン、デル・ピエロらは全員ユベントスに在籍経験があります。
常勝を求められるユベントスの選手は、スタープレイヤーの宝庫と呼んでも過言ではないでしょう。

圧倒的な強さで2010年代のセリエAを独占

近年のユベントスは、豊富なタレントと緻密な戦術を融合させることで、セリエAで圧倒的な強さをほこっています。
2011-12シーズンから2016-17シーズンまでリーグ6連覇を達成。2017-18シーズンも上位に位置するなど7連覇への視界も良好です。
現在ユベントスが目指すのは、欧州No.1クラブを決めるチャンピオンズリーグ(CL)の制覇。2017年6月にはCL決勝でスペインのレアル・マドリードと対戦しましたが、1対4で敗戦。惜しくもタイトルには手が届きませんでした。
95-96シーズン以来遠ざかっている3度目のタイトルは、まさにクラブにとっての悲願とも呼べます。

伝統の白黒デザイン「ビアンコネロ」

ユベントスのユニフォームデザインは、イタリア語で「ビアンコネロ(白と黒)」と呼ばれる白黒ストライプを採用しています。
クラブが創立されて間もなく採用された白黒デザインは、どの時代でもユベントスのシンボルカラーとして親しまれ、「ビアンコネロ」はチームの愛称としてもお馴染みです。
シンプルなカラーでデザインされたユニフォームからは、名門クラブが積み重ねてきた歴史とあいなって、気品高さすら感じさせてくれます。

17-18 ユベントス ホームモデル

ユベントスの最新ユニフォームである17-18シーズンのホームモデルは、1940年代のユニフォームデザインをモチーフにしています。
伝統の白と黒のストライプはそのままに、背中全面に黒をあしらったカラーリングは実におしゃれ。
クラスTシャツとして採用するなら、背中にネームプリントを施すことで黒色にくっきりと文字が浮かび上がり、個性が際立つ1枚に仕上がります。
シックな色づかいながらセンスの高さがうかがえるユニフォームデザインは、おしゃれなクラスTシャツを探すあなたにおすすめです!

「17-18 ユベントス ホームモデル」の商品詳細はこちら

欧州を代表する名門クラブ「ACミラン」

欧州を代表する名門クラブ「ACミラン」

イタリアはもちろん、欧州の名門クラブとして名高い「ACミラン」。
欧州No.1のクラブを決めるチャンピオンズリーグ(CL)で7度の優勝を飾るなど、その名声は未だ色あせることを知りません。
世界のサッカーファンの誰もが1度は憧れる、そんな魅力がACミランには詰まっています。

サッカー界を席巻したサッキのゾーンプレス

ACミランが誕生したのは1899年。
通算18度のリーグ優勝を数えるACミランの歴史のなかでも、アリゴ・サッキ監督が率いた80年代末のチームはサッカー界に衝撃を与えました。
それまでのサッカー界で常識とされていた守備戦術を刷新し、複数の選手で組織的にボールを奪う「ゾーンプレス」を編み出したのです。
サッキは就任初年度にセリエAで優勝すると、翌年からCL連覇の偉業を達成。オランダ代表のフランク・ライカールト、ファン・バステン、ルート・フリットの3選手をはじめ、イタリア代表のバレージやマルディーニらを擁したクラブは黄金期を突き進みました。

再建期を迎えた名門

近年は財政上の問題や、世代交代のあおりを受けてセリエAのタイトルから遠ざかっているACミラン。
再建期にあるクラブですが、2017-18シーズンの開幕前には大型補強に乗り出しました。
イタリア代表の堅守を担ってきたボヌッチを王者ユベントスから獲得。その他にも実力派プレイヤーが次々と入団するなど、例年にない積極的な動きをみせました。
若干18歳にしてイタリア代表に選出されたゴールキーパー、ドンナルンマをはじめ若手プレイヤーの成長も期待されるなど、名門復活へ向けて着々と歩みを進めています。

赤い悪魔とも評される「ロッソネロ」

ACミランのユニフォームは、世界のサッカーファンから注目を集める人気商品です。
デザインの特徴は赤と黒のストライプ。「ロッソネロ(赤と黒)」と呼ばれるこのデザインは、ACミランの驚異的な強さを形容して、赤い悪魔と評されることもあります。
赤いユニフォームを身にまとった選手たちが攻守両面で見せる好プレーの数々は、相手選手達を恐れおののかせる、赤い炎のようです。

17-18 ACミラン ホームモデル

クラブ初期の黄金期と呼ばれる50年代と、サッキの率いた80年代末のユニフォームデザインにインスパイアされたのが、17-18 ACミランホームモデルです。
伝統の赤と黒のストライプデザインに、黒のクルーネックを採用することでスタイリッシュな1枚に仕上がっています。
クラスTシャツには見た目の華やかさも求めたいもの。ACミランのユニフォームなら、赤と黒のデザインが個性をしっかりと主張してくれるのでインパクト抜群!
華やかなクラスTシャツで仲間との思い出を共有できます。

「17-18 ACミラン ホームモデル」の商品詳細はこちら

日本人ファンからも人気を集める「インテル」

日本人ファンからも人気を集める「インテル」

イタリアのミラノに本拠地を置く「インテル」。
近年は日本代表の長友佑都が在籍したことで、サッカー好きはもちろん日本でも多くのファンから知られる存在になりました。
セリエAの名門の名に恥じない、歴史と風格を感じさせる人気クラブです。

100年の歴史を数えるミラノダービー

インテルは1908年、おなじミラノを本拠地とするACミランから独立したメンバーを中心に創設されました。
外国籍選手の加入問題を巡っての対立が独立の原因とあって、両クラブのライバル関係は激化。「ミラノダービー」と呼ばれる両クラブの対戦は、独立から100年以上が経った現在でも、毎年おおきな注目を集めるビッグマッチとなっています。
インテルとACミランのリーグ優勝回数はともに18回。どちらが次のリーグタイトルを手にするのかは、サッカーファンにとっておおきな関心事の1つです。

ライバルの一歩先を行く復活劇

永遠のライバルACミランと歩調をあわせるように低迷を続けていたインテルですが、2017-18シーズンは好調な戦いぶりで復活を印象付けています。
名将スパレッティ監督の就任とクラブの財政安定化が好調の要因です。
セリエAのタイトルはクラブにとっての悲願ですが、欧州の舞台チャンピオンズリーグへの返り咲きも重要なミッションの1つ。
「インテリスタ(インテルの熱狂的なファン)」の多くは、欧州でのクラブの活躍を願っています。

落ち着いた風格を感じさる「ネラッズーロ」

インテルのユニフォームは「ネラッズーロ(黒と青)」の愛称にもあるように、黒と青のストライプデザインが特徴です。
派手さのない落ち着いたカラーリングは、イタリアの名門クラブらしい風格を感じさせてくれます。ライバルクラブの「ロッソネロ(赤と黒)」とは対照的なカラーリングも、ファンの対抗心を駆り立てます。

17-18 インテルミラノ ホームモデル

17-18のインテル、ホームモデルユニフォームは、伝統の黒青ストライプにアレンジを加えたモダンなデザインが特徴です。
ストライプの幅にあえて変化をつけることで、スタイリッシュさを演出。
落ち着きのあるおしゃれなデザインは、男女を問わず好まれるためクラスTシャツにはぴったり。スポーツやイベントなどアクティブシーンはもちろん、普段着でも使いたくなる人気のユニフォームです。

「17-18 インテルミラノ ホームモデル」の商品詳細はこちら

ハイセンスなセリエAユニを手に入れよう!

セリエAのユニフォームデザインは、イタリアらしい気高さとおしゃれさが同居したハイセンスな仕上がりが特徴。
とくに伝統ある名門クラブのデザインは、クラブのアイデンティティと呼べるカラーリングが際立ちます。
ユニフォームブーストではセリエAの人気ユニフォームをベースに、オリジナルのクラスTシャツを作成できます。仲間との絆を深めるおしゃれな1枚を、ユニフォームブーストで手に入れましょう!

pagetop